読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた日記

流れていく日々の中で感じるよしなしごとを綴ります。

「仮名手本忠臣蔵」に見立てた幕の内弁当

演劇

国立劇場の「仮名手本忠臣蔵」【第三部】。

芝居の幕間、劇場の食堂で予約しておいたお弁当をいただく。


芝居の演目「仮名手本忠臣蔵」八段目から十一段目までに見立てた料理が詰まった忠臣蔵弁当。
献立に書かれた「お料理に使用しておりますのは、"赤穂の塩"でございます。」ににやり。

 

f:id:utakatax:20161204201104j:image

 

f:id:utakatax:20161204201242j:image

 

八段目…嫁入りのため旅立つ母娘に因みサーモンのいくら添え

九段目…雪景色の山科閑居に因み、赤穂の銘菓『塩味饅頭』

十段目…天川屋義平「せめて、手打ちの蕎麦切りを」

十一段目…討入りの立廻りに因み、太刀魚の照り焼きと本懐遂げての勝栗

 

これまでたくさん通ってきたけど、劇場の食堂を利用するのははじめて。
ちょっとゆったり、贅沢な気分が味わえてなかなか素敵。
毎回は無理だけど、たまには、ね。