読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた日記

流れていく日々の中で感じるよしなしごとを綴ります。

女性だけの「CHICAGO」

東京国際フォーラム ホールCで上演中の、ブロードウェイミュージカル「シカゴ」宝塚歌劇OGバージョンを観てきました。

 

f:id:utakatax:20160818082133j:image


キャストはメインからアンサンブルにいたるまですべて宝塚歌劇OG。
みなさん、スタイル抜群でお美しい!!
そしてカンパニーとして、とても一体感がある。
女性だけで、フォッシーのあのゴージャスでセクシーな振付がどうなるのかな?と思っていたら、あくまでも品はよく、でもキラッキラで色っぽい素晴らしい舞台でした!

姿月ビリーはさすがの歌唱とかっこよさ。

ロキシーがお人形になって一人二役で腹話術のように記者会見する場面は圧巻で、とっても面白かった!!

ビリーのパートとロキシーのパート、2オクターブ変えて歌っているそうです(すごい…)。

 

湖月ヴェルマは男前度と乙女っぽさが絶妙のバランスで、本人は真剣にやっているのに、その力み具合がおかしくてついつい笑ってしまう、というタイプのヴェルマ。

 

朝海ロキシーはひたすら一生懸命な感じが可愛いかったです(きちんと計算してそうで、あんまりおバカな感じではありません…)。

 

 ヴェルマもロキシーも、二人ともダンスが上手いので、おそろいの靴をはいて目深にかぶった帽子にステッキを持って、二人が一緒に踊るラストシーンはとてもカッコよくて素敵でした。

 

この日は上演後にアフタートークショーがあり、そこで知ったのですが、この組み合わせは企画立ち上げ当初からのメンバーなんだとか。

たしかに、それぞれがからむ場面は息がぴったりで流石でした。


そして一番のお目当だった、大好きなもりちゃん=杜けあきさん演じるママ・モートン

あんまりママ感はなかったですが、低くてよくとおる声に圧倒的な歌唱が堪能できて嬉しかったです。

 

今回のキャストで一人だけ黒一点、メアリ・サンシャインを演じていた岡本さんは美味しい役どころですね。
流石のエンジェルボイスで、とっても癒されました。

 

そのほか、存在感ゼロでみんなから無視されまくり、マエストロにまで存在を気づいてもらえないロキシーの旦那さん、エイモスを演じていた磯野さんのほっこりするお芝居、ハンガリー人の女囚人役の星奈さんの美しさとしなやかなダンス、そしてジェントルマンたちのたくましい筋肉とキレのいいダンスなどが印象的に残りました。

 

 

 

 

 

★Information

東京国際フォーラム ホールC

ブロードウェイミュージカル「シカゴ」 宝塚歌劇OGバージョン

8/17(水) 18:30開演