読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた日記

流れていく日々の中で感じるよしなしごとを綴ります。

KinKi Kids「薔薇と太陽」

もう発売されてから日が経っていて、「何をいまさら…」かもしれないのですが、KinKi Kidsメジャーデビュー20周年記念、第一弾として発売されたCD「薔薇と太陽」をテレビでたまたま耳にしまして…。

普段、流行りの曲やジャニーズ事務所のアイドルは興味の範囲外なのですが、ぐぐっと惹きつけられてしまいました。

懐かしの歌謡曲テイスト、色っぽい音と詩で素敵だなぁと思って調べてみたら、なんと、THE YELLOW MONKYの吉井和哉さん作の楽曲だったんですね!

「それであの雰囲気なのね」と大いに納得しました。

 

それを色っぽく艶やかに歌い上げているキンキの二人もまた素敵。

10代の頃からアイドルとして活動し続けている彼らも30代後半。

あどけない少年から、いい大人の男性に。

彼らの今の年齢や雰囲気にぴったりの素敵な歌だと思います。

 

この曲、剛くんはギター、光一くんはダンスと、それぞれの個性を生かしたライブパフォーマンスも面白かったです。

とくに光一くんのキレッキレのダンスにびっくり!!

デビューしたての頃の彼の印象は、相方の剛くんの多才さに比べると不器用そうで、ダンスも「踊ることが好きなんだろうな」というのは伝わってきましたが、しなやかさに欠けるパキッとしすぎた踊りだったので…。

毎年、帝国劇場でショーを上演してきて、生で魅せるエンターテイナーとしてこつこつと経験を積み上げていることを知ってはいました。

ですが、その成果を実際に目にして、やっぱり努力は人を裏切らないんだなぁと、光一くんのこれまでの日々が思われて、なんだか胸がいっぱいになってしまいました。

女性ダンサー数名を従えて、色っぽくカッコよい踊り。
yoshieさんという女性の振り付けだそうですが、とっても雰囲気があって素敵でした!!

 

これは、本当に久しぶりにCDを買ってしまいそう…。

 

 

薔薇と太陽

薔薇と太陽