読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた日記

流れていく日々の中で感じるよしなしごとを綴ります。

今年のNHK大河ドラマ「真田丸」

録画しておいたNHK、今年の大河ドラマ真田丸」の一回目を見たのですが、やっぱり戦国時代は絵になるな〜と思いました。
鎧兜に身を固めた武者が馬に乗って走ってる映像が映るだけで、わくわく感が半端ない!

武田、上杉、織田、北条、徳川と、おなじみの武将の名前を聞くだけでテンションが上がりますし、なにより時代は群雄割拠の下剋上。
どんな名だたる武将も、明日をも知れぬ身で日々生き抜いているわけで、人の生き様っていう、普通のドラマだと正面きって描くのが難しいテーマを正々堂々と描けるんですよね。

おやかたさま=武田勝頼を演じる平岳大の、目が、背中が語る演技が素晴らしくて、「そうそう、これが大河ドラマの醍醐味だし、こういう芝居が観たかった!!」と久しぶりに思えるドラマでした。 

いい意味での軽さは出しつつ、三谷節がかなり抑えめで、三谷作品の常連は温水洋一だけ、っていうのもドラマの面白さにつながってたと思うのですが、これからどうなるでしょうか…?