読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた日記

流れていく日々の中で感じるよしなしごとを綴ります。

木を見て森を見ず…?

仕事が最大の山場を越えて落ち着いてみれば、会社に対して思うことがふつふつと。

 

社会人生活も10数年。

転職を何回かしているので、30代半ばで未だに一番下っ端。

 

まぁ、それはそれとして、経験を重ねてきて思うのは、自分の職分をきっちり果たすことばっかりに一生懸命で、「全体として見たらどうか?」「大きな目で見た時、自分のやるべきことはなにか?」という本質を押さえたうえで仕事をしている人、できる人って、本当に少ないんだな、ということ。

 

自分のことばかり考えて仕事してる人が多いから、チームならではの強みが生かせず、いつまでもダメな組織のままで、無駄な仕事が減らなくて、残業してもしても終わらないっていう悪循環になっているように思えてならない…。

 

大変、大変、人が足りないばっかり言ってるし。

みんな、定時で帰りたい、休みたいと、本気で思っているのかな…?

足りないのは人ではなく、知恵なのではないかと思う今日この頃。