読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた日記

流れていく日々の中で感じるよしなしごとを綴ります。

歌舞伎座 十二月大歌舞伎 第一部「あらしのよるに」

今年の芝居おさめは歌舞伎座で。
十二月大歌舞伎 第一部「あらしのよるに」を通しで幕見。

きむらゆういち・作、あべ弘士・絵の同名の絵本を歌舞伎化したもので、昨年、京都・南座で上演されて大好評だった作品の再演。

 

f:id:utakatax:20161225200820j:image

 

f:id:utakatax:20161225200757j:image


「ともだちなのにおいしそう」
嵐の夜にお互いに正体を知らずに出会い、意気投合した狼のがぶと山羊のめい。
合言葉を決めて、翌日明るい陽の下で待ち合わせ。
お互いの正体を知ってびっくり仰天。
本来であれば「くうもの」と「くわれるもの」の関係な二匹。
お互いの立場を乗り越えて、がぶとめいの友情は続くのか…?

 

前評判どおり、とっても楽しい、心あたたまるエンターテイメント。
まず何と言っても主演のお二人がすばらしかった!!

「〜でやんす」と、ちょっと変わった喋り方をするユニークな狼ガブを演じる獅童さんは、登場するだけでお客さんの気持ちをぐっと惹きつけるスター性。

狼なのに、ちょっと気が弱くて心優しいがぶがぴったりだった。
男か女か曖昧な、中性的な雰囲気の松也さんの山羊メイの可愛らしさ。
とまどいながらも少しずつ距離を縮めていく二匹のやりとりがとっても微笑ましくて、ほんわかしたあったかい気持ちにさせてくれた。

 

脇を固める役者さんもそれぞれイメージにぴったり。

自分の願いを叶えるためには手段を選ばない、冷酷無比な狼ぎろの中車さんの大きな存在感。

そのぎろの腰巾着ばりいの猿弥さんの軽やかなコミカルさ。

正義感が強く、熱血漢の狼がいを演じた権十郎さんはさわやかにかっこよく。

魔術師のような狼のおばばを演じた萬次郎さんはさすがの芸達者ぶりで、妖しくうさんくさい雰囲気がばっちり。

対する山羊たちは、梅枝さんのみい姫は「これぞお姫様」という美しさ。

好青年なたぷ(萬太郎さん)と眼鏡をかけた秀才君キャラはく(竹松さん)、山羊のおじじ(橘太郎さん)もいい味を出していた。

 
言葉遣いは現代的で聞き取りやすくてわかりやすいし、ひびのこずえさんが手がけた衣装もポップでモダン
でも、演出や鳴り物、動きなど、古典歌舞伎の伝統を踏まえて舞台が作り上げられていて、今の時代ならではの新作歌舞伎になっていた。

観劇日がクリスマスイヴだったということもあって、「三味線であのメロディを!?」をはじめ、クリスマスにちなんだアドリブがたくさん。
千秋楽まで残り3日ということもあって、役者や太夫など、演者みんなノリノリ。
客席も笑いあり、手拍子ありで大盛り上がり。
子どもから大人まで楽しめるし、歌舞伎の入門編にぴったりだと思うので、ぜひ大切にして何度も上演される息の長い作品に育てていってほしいなぁ。

 

完全版 あらしのよるに (あらしのよるにシリーズ)

完全版 あらしのよるに (あらしのよるにシリーズ)

 

 

 

あらしのよるに スタンダード・エディション [DVD]

あらしのよるに スタンダード・エディション [DVD]

 

 

 

★Information

歌舞伎座

十二月大歌舞伎

第一部「あらしのよるに

 12/2(金)〜12/26(月)

 

【配役】

がぶ…中村獅童

めい…尾上松也

みい姫…中村梅枝

たぷ…中村萬太郎

はく…市村竹松

山羊のおじじ…市村橘太郎

ばりい…市川猿弥

がい…河原崎権十郎

狼のおばば…市村萬次郎

ぎろ…市川中車