読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた日記

流れていく日々の中で感じるよしなしごとを綴ります。

『麗人 REIJIN Season2 "Festa"』CD発売記念コンサート 9/22ソワレ

赤坂ACTシアターへ、『麗人 REIJIN Season2 "Festa"』CD発売記念コンサートを聴きに行ってきました。

 

こちらは先日宝塚歌劇団OGのみによるブロードウェイミュージカル『CHICAGO』を観たときにいただいた、杜けあきさんのみのフライヤー。

もりちゃん(杜けあきさん)のファンなんです♪

 

f:id:utakatax:20160926082911j:image


『麗人 REIJIN』は、宝塚歌劇団元男役トップスターたちによる男性の歌のカバーアルバム。
その第4弾の発売を記念したコンサートです。

 

華を添えるダンサーとして参加している4人をのぞいて、出演メンバーはすべて元男役トップスター、トップ娘役のみ。
スターさんたち、それぞれにオーラと雰囲気があってさすが!!
フルバンドにストリングス、曲に合わせてバンドネオンエレキギター、ハープまで登場する豪華な伴奏で聴く、濃密な歌のステージ。
「その人にしかできない」パフォーマンスの連続で、まったく飽きることなくあっという間の2時間で、大変贅沢なコンサートでした。

 

CDに参加しているメンバーに加え、日替わりでゲストが登場するのですが、この日のソワレは、
涼風真世×麻乃佳世
剣幸×こだま愛
杜けあき×紫とも
高汐巴×若葉ひろみ
と、往年のトップコンビが4組も登場。

日程とキャストが告知されてから、「聴きに行くなら絶対この回」と決めてチケットを取り、とても楽しみにしていました。

 

コンサートの構成も日によって少しずつ違うらしく、9/22ソワレのセットリストはこちら。

 

f:id:utakatax:20160926090443j:image

 

コンサートは1回の休憩を挟んで二部構成になっていて、第一部は今回のCDのテーマ"Festa"にちなんで、ラテンナンバー中心、そして第二部はデュエットコーナーからはじまり、しっとりと歌い上げる曲中心でした。

司会の竹下典子さんと出演者の話を挟みながら進行していって、まるで古きよき時代のテレビの歌謡ショーのよう。

みなさん、歌われているときはそれぞれに雰囲気があって素敵なのですが、トークになるとそれぞれ個性が光っていて本当に面白いんです。

たくさん笑わせていただきました。

 

まずは大好きなもりちゃんから!

CDのナンバーから「ギザギザハートの子守唄」(チェッカーズ)。

服装はラフな印象のパンツスタイル。

いつも朗々と歌い上げる曲を歌われることが多いので、チェッカーズのちょっとだけ悪なアップテンポのナンバーはかっこよくて新鮮でした。

 

そして「夏の終わりのハーモニー」(井上陽水&玉置浩二)は紫ともさんとのデュエット。

コンビでのデュエットはみなさんお衣装の色味を揃えていらしたのですが、杜&紫コンビは青。

もりちゃんは水色のレースのジャケットスタイルで、紫ともさんは裾広がりのスカートに大きくスリットの入った大人っぽくも可愛らしいドレス。

登場するところからはけるところまで、もりちゃんが手をつないでエスコート

お互いに見つめあって歌われていました…。

歌のときは「あなただけ」な感じで完全に二人の世界だったのに、歌い終わった途端、「恥ずかしい〜」とつぶやくお二人。

なんだか可愛らしかったです。

 

最後は「あの鐘を鳴らすのはあなた」(和田アキ子)。

この歌、音程がとりづらくてすごく難しいと思うんですが、相変わらず抜群の安定感。

低音を響かせて、なんてこともないように歌われていました。

深い紺色かな?のベルベットのドレスに、淡いベージュのふわっとしたストールを巻いていました。

 

3曲ともほとんど肌を見せないスタイルでしたが、肌をある程度見せた方が華やかな雰囲気が出るので、もう少し露出のある服装でもいいんじゃないかなぁ?と思ったりしました。

肌、とっても白くておきれいなのにもったいない…。

 

そのほか、ステージ順に印象に残った曲をざざっとレポート!

 

【第一部】

 ○マリアラこだま愛

高音部がとてもきれいで、歌が終わったあと、司会の竹下さんがおっしゃっていたように、うっとりと聴き惚れてしまいました。

去年の『SUPER GIFT!』のときにも思ったのですが、みみさん(こだま愛さん)は動きの一つひとつが上品で可愛らしくて、まさに娘役の鏡!です。

水色のドレスの裾をさばきながら階段を降りてくるところや、ささやくように歌い終わり、軽く客席に会釈をして去っていくさりげない仕草など、何気ない動きが本当に美しくて印象的でした。

 

○Vamos a bailar 真琴つばさ

ジプシーキングスのナンバー。

もりちゃんが現役時代、TMP音楽祭でヒョウ柄で総スパンの衣裳に身を包み、バリバリにきざって歌っていたのが印象的なのですが、あれが宝塚で歌われたはじめで、その後、後輩たちに歌い継がれているそうです。

日によって歌い手が変わるとのことで、この日はまみさん(真琴つばささん)。

ショッキングピンクのフリルのブラウスに、赤いスリムパンツ。

まみさん、華やか! 足が長くてカッコいい!!

雰囲気といい、歌といい、そのまんま現役でいけそう。

ハスキーな低音が素敵でした。

 

○色彩のブルース 麻乃佳世

フェアリーのような、ふんわりした可憐な雰囲気は変わりませんね。

ニーハイブーツを履いていらしたのですが、この年齢になっても足を出せるのがすごい…。

歌われたのは、EGO-WRAPPING'の曲。

ジャージーで気だるい雰囲気のあるこの曲を選ばれたのに、ちょっとびっくりしましたが、可愛らしいルックスとはギャップのある、ハスキーな地声と高く澄んだ裏声が堪能できて、とってもよかったです。

よしこさん(麻乃佳世さん)の声、すごく好きだな〜。

 

○リバーサイドホテル 汀夏子

総スパンのキラッキラ光る白いジャケットに白いパンツ。

登場された瞬間から独特のムードに包まれて、大変かっこよかったです。

この曲のほか、コンサートでは貴城けいさんとのデュエットで「二人の世界」と、「太陽は燃えている」の3曲。

今回はじめて拝見しましたが、小柄なのにとてもパワフルな歌声とオーラに圧倒されました。
お人柄もあるのかもしれませんが、「エンターテイメントなんだからお客様に喜んでもらってなんぼ」といった感じで、サービス精神がものすごくて、存在感ありあり。
「ああ、これが本当のスターなんだな」と、妙に納得しました。

 

【第二部】

 ○真夏の夜の夢 涼風真世×麻乃佳世

かなめさんは白、よしこさんはピンクで、トップスと百合の花の髪飾りがおそろい。

かなめさんが今回のために用意されたんだそう。

退団以来というデュエットは息がぴったりで、「ああ、終わっちゃった…」とぽつんと呟くよしこさんが可愛かったです。

久しぶりの再会を喜ぶお二人に、司会の竹下さんがひと言。

「まったく入り込めません…」と。

その言葉どおり、二人の世界でした。

 

○ウナセラディ東京 剣幸×こだま愛

こちらはしっとりと黒のドレス。

「あっちがフレッシュなら、こちらは大人のムードで魅せるしかないじゃない」とは、歌い終わった後のうたこさん(剣幸さん)談。

二人とも素敵なドレス姿なのに、うたこさんとみみさん、一オクターブ違いで歌われていて、まさに男役&娘役トップコンビのデュエット。

なんか、頭が混乱しました。

 

○どうにもとまらない 稔幸×真琴つばさ

71期の同期コンビによるデュエット。

オリジナルの山本リンダさんではなく、ピンクレディによるカバー バージョンだそう。

往年のトップコンビのデュエットがラブラブオーラを発して3曲終わった後のムードをガラリと変えるナンバー。

総スパンのミニの衣裳がお似合いでした。

 

○愛の奇跡 高汐巴×若葉ひろみ

 大人なコンビですね!

若葉さんが娘役にしては落ち着いた声質で、ペイさん(高汐巴さん)も独特の色気のある声なので、すっごくしっとりとしたムードがありました。

なのに、トークはペイさんのギャグが炸裂で、それに冷静に対応する若葉さんとの絡みが最高!!

本当に久しぶりに会ったとは思えないほど息ぴったりで、夫婦漫才のようでした。

 

これでトップコンビのデュエットは終了。

舞台をビデオで何度も見て、憧れ続けていたトップコンビを4組も観ることができて、本当に幸せ!!
憧れのトップさんを生の舞台で観てみたいと、ただひたすらに憧れていた中学生のときには、十数年後にこんな日が来るなんて、夢にも思っていませんでした。
一緒に舞台に立って歌うのが久しぶりでも、歌い出したらそこは二人だけの世界。
それぞれのコンビの息ぴったり具合と、醸し出す雰囲気が微笑ましかったです。
長く苦楽を共にすると独特の関係が生まれるんですね。
ほんと、夫婦と一緒…。

 

○サムライ 真琴つばさ

ジュリー(沢田研二さん)のナンバー。

今回、一番パフォーマンスに心惹かれたのはまみさんでした。

この「サムライ」も階段のセットを使ってたっぷり魅せてくれました。

本当にハマっていらしたので、他のジュリーのナンバーもカバーしてくれないかしら…?

 

○Lovers come back to me&踊りあかそう 剣幸

ジャズナンバーとミュージカルナンバーを続けて歌われるうたこさん。

水色のドレスがとてもキレイでお似合いです。

うたこさん、本当に美しい方だなぁと思います。

そして歌は2曲とも英語!!

リズムをとるのも難しいと思うのですが、観客を上手にのせながら、なんてことなさそうに歌いこなしていらっしゃいました。

うたこさんを拝見するのは『SUPER GIFT!』に続いて2回めですが、エンターテイナーだなぁ。

 歌うまさんにもいろんなタイプがあると思うんです。

圧倒的な歌唱力で自分だけの世界を作り上げる方、お客さんを巻き込んで一緒に世界を作る方…。

うたこさんの歌は、後者のエンターテイナーのタイプですね。

聴いていると、こちらまでウキウキしてくるような2曲でした。

 

○幸せを売る男〜チェイサー〜 全員

最後はこの歌で。

ずらっと並んだ豪華なメンバーがにこにこ笑顔で歌っている姿はとっても華やか。

本当に贅沢で楽しいひとときでした。

 

今回のコンサートの模様は、写真集とDVDになってリリースされるそうです。

 

 

麗人 REIJIN Season 2“Festa”

麗人 REIJIN Season 2“Festa”

 

 ★Information

『麗人 REIJIN Season2 "Festa"』

CD発売記念コンサート

赤坂ACTシアター

9/21(水)〜24(土)

 

9/22(木・祝) [夜] 18:30開演

汀夏子峰さを理高汐巴剣幸杜けあき涼風真世、稔幸、真琴つばさ姿月あさと貴城けい大和悠河

ゲスト:若葉ひろみ、こだま愛、紫とも、麻乃佳世

Dance:牧勢海、月央和沙ほか