読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた日記

流れていく日々の中で感じるよしなしごとを綴ります。

GW「いざ、鎌倉!」旅行 その3〜小坪漁港の夕焼け

建長寺から北鎌倉駅へ戻り、電車で2駅先の逗子へ向かいます。
今回の旅の目的のひとつ、夕日を見に行くためです。
逗子駅からは40番、小坪経由鎌倉駅行きのバスに乗り、小坪漁港のバス停で下車。

現在の小坪漁港。

f:id:utakatax:20160511194909j:image

小坪漁港は小さな漁港ですが、鎌倉時代には源頼朝や家臣の御家人たちが由比ヶ浜や材木座から船に乗り、息抜きをしにやってきた風光明媚なことで知られる浜だったそうです。

漁港から道なりに歩いて行くと、小さなお寺があるのですが、そのお寺の墓地に沿って続く細くて急な山道を登りきったところがお目当の場所。
小坪漁港を見下ろす、絶景のカフェです。
ぱっと見、普通のお家のようですが、玄関前にちょこんと看板が出ています。
一軒家を改装したカフェなので、そこまでたくさんのお客さんが入れないのですが、運よく一組帰ったばかりだったようで、窓際で景色のよい特等席に案内されました。

案内された席からの眺め。

f:id:utakatax:20160511195855j:image

ご主人が一人で切り盛りしているため、頼んだものが提供されるのもゆっくりです。
でも、こんなに素敵な景色の中なので、待つのは苦になりません。
波音とトンビの鳴き声をBGMに、傾きかけた日に照らされて金色に染まる海を見ながら、フレンチトーストとブレンドコーヒーでのんびり。
雲に隠れて夕日が沈むのは見られませんでしたが、素晴らしい夕焼けを見ることができました。

f:id:utakatax:20160511200345j:image

左に見えている山は富士山。

素敵なロケーションと夕焼けに加えて、ご主人のあったかい人柄に思いっきりのんびりできました。

日が暮れてからの小坪漁港。

f:id:utakatax:20160511201438j:image

ちょっと寂れた雰囲気の小さな漁港。
遠くに見える逗子マリーナのキラキラしたセレブな雰囲気とのギャップがなんともいえません…。

帰り道で、港町といえば…、の猫に遭遇。

f:id:utakatax:20160511201651j:image

とっても警戒されてます…。