読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた日記

流れていく日々の中で感じるよしなしごとを綴ります。

とらやパリ35周年祭 at とらや東京ミッドタウン店ギャラリー

国立新美術館ニキ・ド・サンファル展を見たあと、東京ミッドタウンのとらやに寄りました。

とらやでは現在、パリの店舗が35周年を迎えリニューアルオープンしたことをうけて、記念の特別商品を売り出すなどのお祭り中。

f:id:utakatax:20151101104004j:image

お店に併設されたギャラリーでも、パリ店35周年を記念した展示が行われていました。

漫画家のほしよりこさんのイラストがもとになって作られた寅多ティティ。

f:id:utakatax:20151101104139j:image

寅多ティティのイラストがパッケージに使われた特別商品、小さな羊羹の瓶詰め、yokan a la carteは、とっても話題になって争奪戦だったそうですね。
たしかに納得の可愛さです。

こちらはこれまでとらやがパリやフランスをテーマに作ったお菓子と、パリの街が表現されたジオラマ。

f:id:utakatax:20151101104529j:image

凱旋門やエッフェル塔ルーブル美術館のピラミッドなど。

数ヶ月前に訪れたモンサンミッシェルのお菓子もありました!

f:id:utakatax:20151101104619j:image

こちらは、ブルターニュの塩づくりがモチーフになった和菓子。
ゲラントのめぐみ。

f:id:utakatax:20151101105114j:image

奥に小さく写っているのが、今回のパリ35周年祭で発売された記念和菓子、エッフェル塔の夕暮れ。
夕暮れの中のエッフェル塔が羊羹で表現されています。

和菓子はもちろんのこと、イラストが素敵でした。

せっかくなので、店舗隣の虎屋菓寮でお茶をしました。
季節限定の栗あんみつ、煎茶付きです。

f:id:utakatax:20151101105533j:image

通常は小豆餡がのるところが、新栗で作られた栗餡になっています。
蜜は白蜜か和三盆蜜が選べるのですが、和三盆蜜を。

寒天に豆、求肥、そしてほかにもいくつか食感や味、見た目の違う寒天が。
ほっくりした栗の甘露煮に栗餡。
さすがとらや、あんみつでも手が込んでいます。
栗大好きなので、とっても美味しく大満足!!

★Information
東京都港区赤坂9-7-4 D-B117 ガレリアB1F
Tel  03-5413-3541