読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた日記

流れていく日々の中で感じるよしなしごとを綴ります。

専門店のプロな仕事

その存在は知っていたものの、手を出すのはやめておこうと思っていた宝塚歌劇団グッズ専門店の宝塚アン。

DVDやCD、歌劇や宝塚グラフなど、タカラヅカに関するものなら新旧問わず、ありとあらゆるものが揃うワンダーランドです。

ついに、その禁断の世界に足を踏み入れてしまいました…。

子どもの頃、欲しいと思っていたけれど手に入れることのできなかったCDがありまして…。
もう廃盤になっているので、正規ショップでは買えません。
「もしや…」と思って、宝塚アンのウェブショップをのぞいたら、在庫が1点あるじゃありませんか!
気が付いたときには、ポチッとボタンを押し、注文をし終えていました。

そのCDがこちら!
宝塚歌劇団の元雪組トップスター杜けあきさん(もりちゃん)の「愛の行方」です。

f:id:utakatax:20151019185129j:image

宝塚を退団して2年後に出されたシングルCDです。
この8㎝サイズの小さなCDが、三十路越えの身には懐かしい…。
作詞・作曲はTHE ALFEE高見沢俊彦さん。
そして編曲は武部聡志さん。
当時はアレンジャーが誰か知らずに聞いていましたが、なんて豪華!
カップリングの「愛しているのはあなただけ」も同じスタッフです。

男役を卒業して、少しでも早く女性らしくなりたいと努力されていた時期なのでしょうね。
今見るととても懐かしい感のある長いソバージュヘアに、少し透け感のあるふわっとした素材のワンピース。
ふんわり優しげな雰囲気に、きらりと光る真紅のネイル。

もりちゃん、ちょうど35歳ですかね。
今も美しい方ですが、この頃はほんとうにお綺麗でまさに女盛り! という美しさ。

ジャケットの裏面はこんな感じ。

f:id:utakatax:20151019224138j:image

ヘアメイクをもうちょっと健康的な感じにしてもよかったようにも思いますが、年相応な雰囲気があって素敵。
最近の写真は、シワやくすみを消すなど修正をばりばり入れるのが当たり前になっていますが、こういう自然な写真のほうが、私は好きです。

曲は二曲とも高見沢さん作だけあって、ロマンティックで美しい歌です。
聞くだけで情景が目に浮かび、気持ちが痛いほど伝わってくるもりちゃんの歌。
私、この方の声と歌いかたが本当に好きなんだと、改めて思いました。

そして込み上げてくる「懐かしい〜!!」という気持ち。
というのも、この頃、ちょうどもりちゃんは深夜ラジオ(たしか文化放送だったはず)のパーソナリティーをされていたんですよね。
その番組で毎回流れていたんです。
ラジオ、カセットテープに録音して次の日わくわくしながら聞いてたな〜。
同じのを何度も何度も聞いて、さらにはそのテープを旅行に持って行ってまで、もりちゃんの歌を聴いたりして…。
中学生だった頃の楽しい思い出が蘇ってきます。

みんながみんな、知っている訳ではないけれど、私にとっては懐かしい歌。
そんなCDを思わず手に入れることができて、本当に嬉しいです。

さらに嬉しいオマケ付き。
宝塚歌劇団時代のもりちゃんのポート2枚が入っていました。
ファン心理をよくわかっていらっしゃる!!
宝塚歌劇団への愛と「お客さんに喜んでもらいたい!」というサービス精神あふれるプロフェッショナルな仕事っぷりに感動しました。
専門店ってすごい!!
ありがとう、宝塚アン!!