読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた日記

流れていく日々の中で感じるよしなしごとを綴ります。

夜の訪問者

今、私が住んでいるところは車の行き来が激しい大通りに面した家で、夜通し車の音がうるさく、街灯がギラギラ眩しいです。

が、一方で自然も豊か。
近くには小さな川が流れていて、木がたくさん生えていて、緑がいっぱいです。
今の時期は虫の声があちこちで聞こえていて、オーケストラ状態。
夏には玄関のドアを開けたところでカブトムシのメスに遭遇したこともあるんですよ!

そんな恵まれた自然を象徴するかのように、おととい、昨日と、二日続けて夜の我が家に珍客がやってきました。
そのお客様とは…、ヤモリです!!

f:id:utakatax:20151005205526j:image

月夜の晩に、網戸に張り付くヤモリ。
いつからいたのか、気付いた時にはここにいました。
観察していると、明かりに集まる小さな虫を食べていて、どうやら効率よく食事するためにやってきた模様。
誰に教えられた訳でもないのに、生き物のかしこさにはいつも驚かされます。
しばらくすると、どこかへ行ってしまいました。

そして、次の日。
夜、家に帰ってきて昨日ヤモリがいた窓のところを何気なく見ると、またいた!!
でも、今度はなぜか家の内側です。
昨日、いなくなったと思っていたのは勘違いで、どうやら朝まで網戸の上の方にくっついていて、窓を閉めた時に家の中に入ってしまったようでした。

家の中で行方不明になられると、ヤモリにとって不幸なので、急いで捕獲。
さしたる苦労もなくあっさりと捕まえられましたが、口を大きく開けて噛み付くなど、彼(彼女?)なりに大いに抵抗しておりました。
※とっても小さな子ですし、歯もないので噛まれても全然痛くないんです。

f:id:utakatax:20151005213245j:image

少し頭でっかちで、つぶらな瞳が可愛いヤモリ。
部屋の外、共用廊下の壁の厚みの上にそっと載せると、元気よく壁を這って暗がりの中へ去って行きました。

そういえば、ヤモリについてはあまり多くを知らないなと思って調べてみたら、冬眠するんだとか。
無事にこれからの冬を乗り越えてくれることを祈っています。