読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた日記

流れていく日々の中で感じるよしなしごとを綴ります。

夜の動物園〜サマーナイト@Tama Zoo 2015

普段は見ることのできない夜の動物の様子を見に、十数年間ぶり?に多摩動物公園へ足を運びました。

多摩動物公園では毎年8月の土日とお盆期間に開演時間を延長して、夜の動物園を楽しめるようにしています。
普段は17時閉園のところ、サマーナイトの日は19時まで入園OKで20時閉園。

段々暮れて暗くなっていく動物園は、いい雰囲気でした。
多摩動物公園は多摩丘陵を切り拓いて作られているので、園内はかなり高低差があって、道によっては懐中電灯などの明かりが欲しいほど暗いところもあり、歩くだけでちょっとした冒険気分が味わえます。
よくお祭りの夜店で売っているような光るアクセサリーを付けた子どもたちもいて、みんな夜の動物園という非日常感を楽しんでいて、とっても素敵なイベント。

動物園に到着したのが18時半過ぎ。
すでに暗くなりかかっていたので、あまり写真を撮ることができませんでしたが、雰囲気をお伝えするために少しだけご紹介します。

薄暮の中、群れから離れて一羽佇むペリカン。漂う哀愁。ダンディズム。

f:id:utakatax:20150817184914j:image

室内展示場でまったりするサイ。

f:id:utakatax:20150817185024j:image

サイって、こう座るんですね。前脚をでーんっと前に投げ出しているのが、なんともキュート。
体の大きさの割に小さな足にもぐっときます。
心なしかぐったりして見えるのですが、夏バテ?

白フクロウ。

f:id:utakatax:20150817185724j:image

もふもふで、とても美しい鳥。
映画「ハリーポッター」に登場するので有名ですね。
隣のゲージには、今年生まれたというヒナが二羽いました。
フクロウたち、さすが夜行性。
昼間見るよりも活発に動いていました。
※昼は止まり木の上でじっとしているばかりですからね…。

いつも、ポスターを見て気にはなっていたものの、足を運ぶ機会がなかったのですが、今年ようやく夜の動物園を楽しむことができました。

イベントは残り二週間。
夜の動物園という非日常を味わいに、多摩動物公園へ足を運んでみるのはいかがですか?

★Information
〒191-0042 東京都日野市程久保7-1-1
Tel  042-591-1611