読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた日記

流れていく日々の中で感じるよしなしごとを綴ります。

アンの作者、モンゴメリの祖父の家のオークション!

以前、仕事でお世話になった方のブログをのぞきにいったら、『赤毛のアン』の作者、ルーシー・モード・モンゴメリの祖父の家が売りに出される、というニュースが!

それとともに、モンゴメリ家の先祖代々の縁の品々もオークションにかけられるとのこと。

中には、『赤毛のアン』に出てくるバラのつぼみのティーセット("あのティーセットでお茶がしたい!"とアンが憧れる)や、『ストーリーガール』に登場する陶器でできたフルーツバスケットなどもあるそう。

モンゴメリの祖父の家は、アンがギルバートと家庭生活を営む炉辺荘(Ingleside)のモデルといわれていて、B&Bになったり、博物館として公開されたり、いろいろしていたのですが、ついに現在の所有者であるロバートさんが手放す決心をしたようです。

オークションにかけられたら、まとまっているからこそ意味を持つ、貴重なコレクションがバラバラになってしまうことは避けられません。

でも、ある程度のボリュームのあるモノたちを、保存し継承していくのは、お金も時間もかかって、きれいごとではすまない話。
残念だけど、仕方がないことでもあります。

文化財とか歴史的建築物の保存って、「これは後世に伝える価値があるのか?」と、常にお金や時間というコストの問題でもあるんですよね。

オークションは7月25日(土)の11時から、モンゴメリの祖父の家で行われます。
モンゴメリとアンゆかりの品々は、どんな方の手にわたるのでしょうか?
その後を見守りたいと思います。

オークションの出品される品々が、こちらのサイトで見られます。

モンゴメリの代表作で、現在まで続くベストセラー。
「私のバイブル」という女性も少なくないのでは。

赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)

赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)


モンゴメリのもうひとつの名作。アンとはまたひと味違った魅力ある作品。

ストーリー・ガール (角川文庫)

ストーリー・ガール (角川文庫)