読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた日記

流れていく日々の中で感じるよしなしごとを綴ります。

すみだ水族館 大人限定ワークショップ「ふわふわクラゲ」でのんびり

すみだ水族館が金曜日の夜に開催している、大人限定のワークショップ「ふわふわクラゲ」に参加してきました。

f:id:utakatax:20150527085100j:image

日々頑張って働く大人に、ふんわりと水に漂うクラゲをぼんやり眺めて、リラックスする時間を作りませんか?、というコンセプトのイベントです。

私が参加した日は19時20分までに受付を済ませ、19時半からはじまりました。

参加証として、青く光る腕輪をつけます。
よくお祭りの夜店などで売っている、ポキポキやって輪っかにすると光るやつ。

f:id:utakatax:20150527084935j:image

暗闇にヒカリモノ。
非日常感があって、これだけでもわくわく。

ワークショップの内容はとってもシンプル。
1組に1つずつ、瓶に入ったクラゲとペンライトがくばられ、飼育員さんの話を聞きながらクラゲを観察。
体のつくりなどを教えてもらいます。
観察するクラゲはミズクラゲです。

f:id:utakatax:20150527090212j:image

その後、クラゲにごはんをあげて、食事の様子を見守ります。
クラゲのごはんは、動物プランクトン。
プランクトンが入った水を、クラゲのいる瓶にそーっと注ぎ入れます。

餌をあげると触手が伸びて一生懸命プランクトンをからめとり、きゅーっと縮むんですね。
そして、傘の部分にある四つ葉のクローバーみたいな形の胃が、プランクトンでピンク色になっていきます。

こんなに間近でクラゲを見ることも、ごはんを食べる様子を見ることもないので、すごく面白かったです。

食事後のクラゲ。

f:id:utakatax:20150527090536j:image

あとはのんびりクラゲを眺めて、程よいところでクラゲとペンライトを飼育員さんにお返しして終了となりました。

時間は30分ほど。終わったあとは閉館時間の21時まで、水族館を楽しむことができます。

さらにクラゲを眺めたり

f:id:utakatax:20150527230127j:image

チンアナゴとヘコアユが競演する水槽を見たり

f:id:utakatax:20150527225134j:image

江戸をテーマに金魚が展示されている江戸リウムで和の世界を堪能したり

f:id:utakatax:20150527225411j:image

期間限定、ペンギンとプロジェクションマッピングのコラボレーション。
ペンギンキャンディのショーを楽しんだり

f:id:utakatax:20150527225605j:image

人が少ない夜の水族館は、独特のムードがあって、とっても素敵でした。

このワークショップは定期的に行われていて、すみだ水族館のホームページから申し込みし、当選すると参加できます。

参加料は無料。ただし水族館への入館料が必要です。

気になった方は、是非すみだ水族館のサイトをチェックしてみてくださいね。

★Information
東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ