読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた日記

流れていく日々の中で感じるよしなしごとを綴ります。

Cinema:マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ

渋谷のシネマライズへ。期間限定で上映中の「マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ」を観てきました。
 
f:id:utakatax:20150401233620j:plain
 
1958年、当時歌姫として、キャリアも人気も絶頂期だったカラスが、パリ・オペラ座で初めて歌ったときのコンサートを記録した映像です。
 
コンサートは二部構成になっていて、第一部はカラスが得意にしていた役や歌をオムニバス形式で歌い、第二部はプッチーニの『トスカ』第二幕を演じています。
 
コンサートで歌われた曲はこちら。
ベッリーニ『ノルマ』より
反乱を教唆する声だ
清らかな女神よ
儀式はこれで終わった
ああ!初めの頃の誠実な愛が
行っていいわ…
恋はばら色の翼に乗って
ミゼレーレ 哀れみたまえ
序曲
今の歌声は
 
プッチーニ『トスカ』第二幕
共演
スカルピア:ティト・ゴッビ
カヴァラドッシ:アルベール・ランス
 
『ノルマ』の巫女役の凛としていて澄んだ声から、ロッシーニセビリアの理髪師』のコロラトゥーラの軽やかな声まで、本当に声の表情が豊か。
絶世の歌姫といわれたカラスの絶頂期のときの素晴らしさが、映像だけでも伝わってきました。
 
特に『トスカ』の第二幕は圧巻で、これを見るだけでも十分なくらいの素晴らしい舞台。
歌姫・トスカを演じるカラスはもちろんですが、トスカを無理矢理手に入れようとするスカルピア役のティト・ゴッビもすごい迫力でとてもハマっています。
カラスが出演しているオペラを記録した映像は、これだけしか残っていないそうです。
 
この舞台、客席もまた豪華なのです。
客席には当時のフランス大統領ルネ・コティをはじめ、ブリジッド・バルドー、ジュリエット・グリコ、ジェラール・フィリップイブ・モンタン、チャーリー・チャップリンジャン・コクトーなど、セレブがずらり。
オペラ座ガルニエ宮の豪華な空間を埋め尽くすのは、イブニングドレスで華やかに着飾った淑女たちと、それをエスコートする燕尾服やタキシード姿の紳士たち。
華やかな社交界の様子をのぞくこともできます。
 
客席の喝采に応えるカラスの、穏やかで満ち足りた表情がすごく印象的で、絶世の歌姫といわれた一人の女性の、人生の中でもっとも輝いていた一日に時を越えて立ち会えていることに、なんともいえない感慨を覚えました。
 
★Information
1958/フランス/モノクロ/115分