うたかた日記

流れていく日々の中で感じるよしなしごとを綴ります。

アート

キャンドル作家nuriさんの個展「Sense of wonder」

京王線柴崎駅にある、手紙舎 2nd STORYで開催中の個展です。この作家さんのことは知らなかったのですが、あまりに素敵なその作品に魅せられて。今回は「植物」と「色」をテーマにした展示会とのことですが、花をモチーフにし、アロマオイルで香りがついた可…

1 ∞ ミナカケル 〜ミナの20年とこれから

青山のスパイラルで開催中の「1∞ミナカケル」展。仕事帰りにふらっと行ってきました。 ミナ ペルホネン20周年を記念したもので、ミナの可愛い洋服とそれを生み出す人々の真摯な仕事ぶりがのぞける素敵な展示でした!洋服をはじめとしたプロダクツが展示され…

Musee:グエルチーノ展

ゴールデンウィークに、上野の国立西洋美術館で開催中の「グエルチーノ展」を観に行ってきました。 グエルチーノはイタリア・ボローニャ近郊の町、チェントでその生涯のほとんどを過ごした、イタリアのバロック美術を代表する画家です。 一世を風靡した彼の…

Manga:谷口ジロー『千年の翼、百年の夢』(小学館、2015年)

先日観に行った、「ルーブル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の神髄」の出口のところに設けられていた、お土産コーナーで買った漫画です。 谷口ジローさんと言えば、なんといってもドラマにまでなった『孤独のグルメ』ですよね。 原作付きの…

もっと子どもに素敵な絵画体験を〜ルーブル美術館展で感じたこと

先日、国立新美術館へルーブル美術館展を観に行った感想をアップしました。 Musee:ルーブル美術館展 日常を描くー風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄 at 国立新美術館 - うたかた日記utakata.hatenablog.com ずらりとそろった巨匠の作品に、「ルーブル美術館…

Musee:ルーブル美術館展 日常を描くー風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄 at 国立新美術館

国立新美術館で開催中の『ルーブル美術館展』に行ってきました。 どうしても見たい一枚の絵があったので。 それがこちら。 ヨハネス・フェルメール『天文学者』(1668年)です。 フェルメールの描くふんわりしたやわらかい光が好きで、それを見るために足を…

CHANELの赤口紅

春物第一弾として、CHANELの口紅を購入しました。 色はやっぱり赤! ルージュ ココ シャイン、62番モンテカルロです。 黒と金のパッケージにCHANELのマーク。 見ているだけで、気分が上がるアイテムですよね。 昔、私が小学生から中学生のとき、すごく可愛が…

升ノ内朝子さんの個展KIOSK at 手紙舎 2nd STORY

ギリシャ在住のイラストレーター、升ノ内朝子さんの個展、KIOSKをのぞいてみたくて、手紙舎 2nd STORYに。 エーゲ海のどこかに浮かぶ架空の島、アノニモ島。島の地図や名所の絵が飾られ、お土産物やさんで売っている雑貨などが飾られて、想像力たっぷりの個…

国立劇場 二月文楽公演第二部「花競四季寿」「天網島時雨炬燵」を観てきました

文楽(人形浄瑠璃)を観るのが初めて、という友人を誘って、国立劇場の二月文楽公演の第二部を鑑賞してきました。 最後に観たのがいつか、思い出せないくらい久しぶりの文楽。演目は二つ。 ●花競四季寿(はなくらべしきのことぶき) →春夏秋冬をそれぞれモチーフ…

「高松次郎ミステリーズ」と「奈良原一高 王国」ー日本のアプレゲール

竹橋にある国立近代美術館で開催中の「高松次郎ミステリーズ」と「奈良原一高 王国」展を見てきました。 二人とも戦後の日本を代表するアーティストですが、高松次郎は絵画、オブジェ、写真、路上パフォーマンス、デザインとなんでもあり、さまざまなジャン…